Linodeのオブジェクトストレージ(Beta版)を試す

LinodeよりS3互換のオブジェクトストレージの先行利用権を貰ったため試してみました。

※事前にオブジェクトストレージについてのアンケートに答えたため先行利用権が貰えたようです。現在はサポートチケットを切ると貰えるようです(参考)

Cloud Managerから使ってみる

Cloud ManagerにアクセスするとObject Storageが追加されているのがわかります。

ここから新たなバケットを作ることができます。

現時点ではリージョンはニュージャージーのみ提供のようです。(おそらく東京リージョンも追加されると思われます。)

バケットを作成しました。ですが、今はCloud Managerからファイルをアップロードしたり権限の編集をすることは出来ないようです。そのため他のツールで操作してみます。

Cyberduckでファイルのアップロードをする

s3互換のストレージなのでs3cmd等のコマンドラインツールも使えるのですが面倒なのでGUIで操作できる「Cyberduck」を使ってみます。

Cyberduckをインストール後、Cloud Managerで発行したアクセスキーとシークレット、エンドポイント(us-east-1.linodeobjects.com)を入力します。

これで接続が完了します。

アップロード後、権限を修正する場合はファイルを選択し情報->アクセス権より編集が可能です。

アップロードした画像: https://mstdn.us-east-1.linodeobjects.com/28683404.png

現時点で出来ないこと

重複しますがまとめておきます。

  • Cloud Managerからのファイル操作
  • 他のリージョンの利用(現在はニュージャージーのみ)
  • カスタムドメイン、証明書の利用

現在はBeta版での提供なのでおそらくこれらのことは出来るようになると思います。

料金について

料金はストレージ利用料が250GBにつき5ドル(超過分は1GBあたり0.02ドル)、転送量が1GBあたり0.02ドルとなっています。

しかし、Linodeで既にインスタンスを持っている場合は、そちらの転送プールが優先的に利用されるようです。

そのため、Linodeで沢山インスタンスを持っているユーザーは転送量のことは気にせず利用できそうです。

料金体系はこの転送量課金以外はDigitalOceanのSpacesとほぼ同じです。このBeta版の機会に試してみては如何でしょうか。

Linodeに登録

Filed under: 未分類

GCSからDigitalOceanのSpacesに移行する

どうもnaaaaaaaaaaafです。今回はGoogle Cloud StorageからDigitalOceanのS3互換ストレージ「Spaces」に移行してみたので、手順などを書きます。

DigitalOceanって何?

DigitalOcean のホームページ

クラウド事業者が提供しているサービスの名称です。現在、日本語には対応していませんが、普通に登録ができます。また、日本リージョンも提供していないのですが、シンガポールリージョンがあるためそこまでレスポンスは悪くなりません。

競合のサービスとしては、LinodeやVultrがよく挙げられます。

なぜDigitalOceanにするのか

DigitalOceanでは先に挙げたようなLinode,Vultrでは提供していないS3互換ストレージサービス(Spaces)を提供しています。(Linodeは近日S3互換ストレージを始めるようです。)このサービスはディスク使用量が250GBまで5ドルの定額制になっています。また、転送量も1TBまで無料なので純粋にコストパフォーマンスが高いです。(超過した場合は1GB/0.01$)

また、無料で提供しているCDNサービスのノードが東京にもあるようなので、レイテンシの問題もありません。そのため、DigitalOceanのSpacesを利用することにしました。

GCSからメディアファイルを移行する

私はGCSからSpacesへ移行する際に2つのツールを試してみました。順に紹介します。

1. Minio client

Minioというオープンソースのストレージ用のクライアントです。全然情報が無くて困っていたのですが、どうやらS3互換のストレージサービスを複数登録してメディアの移動が出来るみたいなので使ってみました。

mc config host add gcs https://storage.googleapis.com  <YOUR-ACCESS-KEY> <YOUR-SECRET-KEY> #gcsを登録
mc config host add do https://<BUCKET>.sgp1.digitaloceanspaces.com <YOUR-ACCESS-KEY> <YOUR-SECRET-KEY> #DigitalOceanを登録
mc mirror gcs do #mirrorコマンドで同期

これで同期が開始されます。同期はかなり速く、大容量のバケットでもすぐ終わるのですが、どうやらGCS側で公開設定にしていたファイルがDigitalOcean側で非公開になってしまうようです。(全然使えねーじゃん)

2. rclone

そこでクラウドストレージ間の同期に特化しているお馴染のrcloneを使うことにしました。

rcloneの設定はめっちゃ優しい対話式なので割愛します。

rclone sync gcs do -P

これで同期が開始されます。Minio clientと違い詳細にログを出すことが可能です。ですが、rcloneはかなり真面目に同期をするので結構時間がかかります。大容量のバケットを同期する時は注意しましょう。

これでGCSからDigitalOceanのSpacesへの移行が完了しました。作業自体はコマンドを何個か打つだけなので簡単です。SpacesはGCSやS3などから移行したいと考えている人にはおすすめのサービスかと思います。この機会に移行してみてはいかがでしょうか。

最後に無料クレジットが貰える紹介リンクを貼っておきます。

DigitalOceanに登録

※GCSやS3はファイルの操作が課金対象になるため、調子に乗って何回も同期するとクラウド破産する可能性があります。計画的に使用してください。

Filed under: 未分類

さくらのウェブアクセラレータをさくらのレンタルサーバーで使う

どうもnaaaaaaaaaaafです。今回はさくらのレンタルサーバーで動かしているWordPressにさくらのウェブアクセラレータを使ってみました。

さくらのウェブアクセラレータとは

一言でいうとCDNです。CDNとはコンテンツデリバリネットワークの略称です。ざっくり説明すると、以下の画像(引用元: https://www.sakura.ad.jp/services/cdn/images/price01.svg/)のように、オリジンサーバからファイルをキャッシュしてエンドユーザーに近いサーバから高速にwebを配信をするサービスの事です。

なぜレンタルサーバーにCDNを使うのか

レンタルサーバーは多くの場合、共有サーバーとなっており、下位プランだと予測が出来ない突発的なアクセス増には耐えきれずに503エラーが出ることが多いです。

そこでCDNサービスを使いコンテンツをキャッシュすることで、高速に安定したサイト運営ができるようになります。

Webアクセラレータの利点

  • さくらのクラウドのアカウントがあれば500GiB分無償で使える
  • 日本内にサーバーがあるのでレスポンスが良い
  • APIとドキュメントが豊富

Webアクセラレータの欠点

  • キャッシュが Cache-Control: s-maxageレスポンスヘッダで制御されるので変更する必要がある。
  • サーバーが国内のみなので世界向けなサイトにはあまり有効ではない

WordPressへの導入

Cache controlを付けないといけないので面倒そうですが便利なプラグインがあります。

https://github.com/yamamoto-febc/wp-sacloud-webaccel

WordPressの管理画面からインストールできるため簡単に導入できます。

あとは下の画像の通り設定をすれば導入は完了です。

デベロッパーツールで確認するとちゃんとキャッシュされていることが分かります。

便利で簡単に導入でき、500GiBまで無償なのでぜひ皆さんも試してみてください。

Filed under: 未分類