未分類

さくらのウェブアクセラレータをさくらのレンタルサーバーで使う

投稿日:

どうもnaaaaaaaaaaafです。今回はさくらのレンタルサーバーで動かしているWordPressにさくらのウェブアクセラレータを使ってみました。

さくらのウェブアクセラレータとは

一言でいうとCDNです。CDNとはコンテンツデリバリネットワークの略称です。ざっくり説明すると、以下の画像(引用元: https://www.sakura.ad.jp/services/cdn/images/price01.svg/)のように、オリジンサーバからファイルをキャッシュしてエンドユーザーに近いサーバから高速にwebを配信をするサービスの事です。

なぜレンタルサーバーにCDNを使うのか

レンタルサーバーは多くの場合、共有サーバーとなっており、下位プランだと予測が出来ない突発的なアクセス増には耐えきれずに503エラーが出ることが多いです。

そこでCDNサービスを使いコンテンツをキャッシュすることで、高速に安定したサイト運営ができるようになります。

Webアクセラレータの利点

  • さくらのクラウドのアカウントがあれば500GiB分無償で使える
  • 日本内にサーバーがあるのでレスポンスが良い
  • APIとドキュメントが豊富

Webアクセラレータの欠点

  • キャッシュが Cache-Control: s-maxageレスポンスヘッダで制御されるので変更する必要がある。
  • サーバーが国内のみなので世界向けなサイトにはあまり有効ではない

WordPressへの導入

Cache controlを付けないといけないので面倒そうですが便利なプラグインがあります。

https://github.com/yamamoto-febc/wp-sacloud-webaccel

WordPressの管理画面からインストールできるため簡単に導入できます。

あとは下の画像の通り設定をすれば導入は完了です。

デベロッパーツールで確認するとちゃんとキャッシュされていることが分かります。

便利で簡単に導入でき、500GiBまで無償なのでぜひ皆さんも試してみてください。

-未分類

Copyright© ケツベンレッド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.